読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車とラジコンが趣味の日記ブログ!〜札幌の50代オヤジが語る楽しい趣味の世界〜

札幌で数十年、車を愛し続けた50代のオヤジが、最新の車情報を独自の目線で語ります。モーターショーなどのイベントに出撃した様子もアップしていきます。

トヨタの歴代WRCマシン勢揃い。

「ウイース!」
ルマン24時間レースでは残念な結果だったトヨタ。

しかし、来年の2017年からはいよいよWRCに17年振りに復帰する。

 

それを、記念して東京都江東区にある「メガウェブ ヒストリーガレージ」

(ヴィーナスフォート内 入場料は無料!)で、2000年まで参戦していた

WRCマシンが一挙に9台も展示されている。

今日は写真多めで紹介しよう。

f:id:carokun:20160626142823j:plain

最初の一台目は、初代クラウン。1957年第5回豪州一周ラリー参加車両(レプリカ)。

47位で完走しているのは見事!

 

f:id:carokun:20160626142901j:plain


時代は、ずっと現代に近づき1980年代。最後のFRセリカ。

セリカツインカムターボ。
歴代セリカの中でオヤジ的に一番好きなラリーカー。

 

f:id:carokun:20160626142920j:plain

1990年登場のST165は、円盤セリカと呼ばれたフルタイム4WD。

1993年の2代目4WDマシンは、懐かしのカストロールカラー。

ちょうどオヤジがラジコンを始めた頃、よく使っていたRCボディー!懐かしいー。

ST165とST185は、カルロス・サンイツがドライブして多数優勝!!

 

f:id:carokun:20160626142944j:plain

f:id:carokun:20160626143007j:plain

1995年、セリカの完成型ST205。
なぜか、レギュレーション違反になり1年間の出場停止処分になってしまった不名誉なマシン。

f:id:carokun:20160626143026j:plain


1997年にWRCに復活したトヨタが選んだマシンは、なんとカローラ。しかも、国内販売していないヨーロッパのカローラで参戦したのだ。

日本国内では、ワゴンのスプリンターカリブにフロントマスクを移植したモデルを販売していたなー。

2000年からF-1参戦のためにWRCから撤退したトヨタ。最近は日本のメーカーが参戦しないので人気が下がりっぱなし、、。WRCの人気はトヨタのWRC参戦で息を吹き返すのか期待したい。