読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車とラジコンが趣味の日記ブログ!〜札幌の50代オヤジが語る楽しい趣味の世界〜

札幌で数十年、車を愛し続けた50代のオヤジが、最新の車情報を独自の目線で語ります。モーターショーなどのイベントに出撃した様子もアップしていきます。

ドラマ「世界一難しい恋」は、劇中車に凝っている。

「ウイース!」
水曜22:00放送のドラマ「世界一難しい恋」(日テレ系)をオヤジは観て

いるのだが、ここに出て来る劇中車がなかなかこっているのだ。

スポンサーに車メーカーがないのか、こだわりの選択をしている。

 

主人公を演じる会社社長の社長車はロールスロイスシャードウ。

そして、主人公が片思いしている彼女演じる波瑠と出張に出かける車が、

先代ミニクーパー

ドラマでは、きちんとエンブレムのところが抜かれてあったが、

実にいい拘りに思える。

f:id:carokun:20160511072156j:plain

一歩間違えれば、ミスタービーンの愛車なのでお笑いになってしまう。

しかし、大野智が実に渋く決めてくれたのでOK。

安易に手に入りやすい、現行ミニでは渋みが出ないのでダメ。

 

ちなみに、昔の会社の後輩が乗っていて乗せてもらった事もあるので

よく知っている。

 

ボディーは、軽自動車並みだが室内はFFなので驚くほどの広さに

ビックリしてしまう。エンジンは、確か普通の車と違いオイルは

ドライサンプ式なので注意が必要なのだ。

(エンジンオイルとミションオイルがバイクと同じ循環方式)

 

こまめに交換しないといけなかったハズなのだ。

名技術者のアレックス・イシゴニウス開発で、販売は1959~2000年まで

の41年間も販売され続けた桁違いな長寿車!

 

販売外会社は、BMC→ブリッティッシ・レイランド→オースチン

ローバー→BMWとミニブランドはあちこちの会社を渡り歩いたのはスゴイ。

 

初代ミニは、クラッシュク・ミニやローバーミニそしてBMCミニなんて呼ばれている。