読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車とラジコンが趣味の日記ブログ!〜札幌の50代オヤジが語る楽しい趣味の世界〜

札幌で数十年、車を愛し続けた50代のオヤジが、最新の車情報を独自の目線で語ります。モーターショーなどのイベントに出撃した様子もアップしていきます。

「ナオミとカナコ」

「ウイース!」
こう見えてもオヤジは、けっこうドラマ好き。木曜日は、フジTV系の夜10時からの「ナオミとカナコ」を観ている。

f:id:carokun:20160318194457j:plain

原作小説があれば、必ず読むのだがまだ文庫本化されていないので、購入していない。

まぁ、そのうちブック・オフで安く買えるようになるだろう。

 

ドラマに出ているのは、約20年前はまぶしいくらいのアイドルだった広末涼子
内田有紀だ。2人ともアイドルから脱落しないできちんと女優として生き残っていることはすばらしい。

 

ちなみに、ドラマタイトルの「ナオミとカナコ」には、オヤジの鬼嫁の名前が入っていてちと気になるが、どこにでもいる名前なのであまり気にしないでおこう。

 

それにしても、この旦那殺しの共犯者。よくも抜けぬけと普段通りの生活を過ごせているものでビックリしてしまう。

 

最終回は、よいよばれそうになってトンずらするようなのだがいったいどんなラストか期待してしまう。


このドラマの中で、一番光っているのはなんといっても中国人社長役の高畑敦子だろう。


それと、1人で2役の佐藤瑛太もよかった。

 

原作とは、すこし違っているようだがあまりいじくる回さずにTvドラマとして面白く仕上がっていれば十分なのだ。

f:id:carokun:20160318194518j:plain

広末涼子って、いまだにかわいいなー」と言うと、「あんたあんなのがいいの??」と鬼嫁がスゴク不思議な感じで聴き返してくる。鬼嫁的には全然かわいくないらしいのだ。なぜ?