読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車とラジコンが趣味の日記ブログ!〜札幌の50代オヤジが語る楽しい趣味の世界〜

札幌で数十年、車を愛し続けた50代のオヤジが、最新の車情報を独自の目線で語ります。モーターショーなどのイベントに出撃した様子もアップしていきます。

2016札幌モーターショー2

「ウイース!」
昨日に続いて札幌モーターショーの話をしよう。

 

カメラマニアなら、こういう時にはカメラは必ず複数台もって行くのが

鉄則らしい。オヤジも昔、カメラに凝っていたころにカメラ雑誌で読ん

だ記憶がある。

 

1台だけのカメラだと、不足に事態(バッテリー切れや、SDカードの

容量不足とか)になったときにその時点で撮影不能に陥ってしまうのだ。

 

会場に来ていた人も、半数ぐらいはスマホで撮影していたがスマホ

携帯電話の画像は基本縦どりなのでブログや写真帳にするときはとても

使いづらいのだ。

 

なので、オヤジはバカちょんデジカメだが2台用意していっている。

最近のバカちょんデジカメは、専用電池なのでバテッリーが無くなって

しまうとバンザイするしかない。

 

そうならないためにも、カメラは必ず2台以上もっていくことを勧める。

 

・・・・・

 

今年のスバルはかなり頑張っている感じがした。

コンセプトモデル「VIZIV FUTURE」は、フォレスタの未来モデル


        

f:id:carokun:20160124113738j:plain

後席は、電動スライドドア。スライドドア嫌いのオヤジでもこれならOK!

f:id:carokun:20160124113850j:plain

f:id:carokun:20160124113901j:plain

バンパーがせり出して、自転車を積めるようにしているのがなかなかすごい。

f:id:carokun:20160124113915j:plain

 

後付の自転車積載用のアタッチメントよりも安定感抜群でサイコ―だ。

 

なんとスバルはこコンセプトモデルのためにスバルブランドの自転車まで作ったのだ。

f:id:carokun:20160124113932j:plain

このコンセプトモデルのタイヤ超ハイグリップ極太なのだが市販されているタイヤなの

だろうか。

f:id:carokun:20160124114215j:plain

 

ショーガールが、コンセプトモデルの紹介をやっていた。

f:id:carokun:20160124114004j:plain

前回はたしかなかったハズ。

 

レーシングモデルのBRZも展示されていた。

f:id:carokun:20160124114022j:plain

普段見られないレース用マシンが見られるのもモーターショーならではのことだ。

f:id:carokun:20160124114040j:plain