読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車とラジコンが趣味の日記ブログ!〜札幌の50代オヤジが語る楽しい趣味の世界〜

札幌で数十年、車を愛し続けた50代のオヤジが、最新の車情報を独自の目線で語ります。モーターショーなどのイベントに出撃した様子もアップしていきます。

「君の名は。」の小説版を読んでいる。

「ウイース!」

現在大ヒット上映中の「君の名は。」の小説版を読んでいる。

ちょうど半分くらい読み終わったところで、小説の内容が

とんでもない事になってきた。

f:id:carokun:20161109093059j:plain

ありきたりの男女が入れ替わる小説と思いきやなんと驚きの

女子高生の三葉は数年前の大災害でもはやこの世にいない、

あの世の人になっているのだ。

 

大災害は、地球に近づいていた彗星の隕石が落下して起きた災害。
小説では歴史上最大の隕石による災害で三葉の住む糸守町が壊滅

してしまった設定になっている。

これっていったい!どうなっていくのか。

 

深海誠監督の作家としての力量が見れる作品になっている。

アニメなのでどうしようか、迷っているが観に行って損はしない

作品にきっと仕上がっているだろう。

 

だけど、50過ぎのオヤジがアニメの上演館に一人で行くには抵抗がある。

それとも、レンタルDVDになるまでまつか?

狸小路の梅沢無線に行けばあるかもしれない

「ウイース!」
もう半月くらい前に注文したドローンのコネクターが、待てど暮らせど

届いたと連絡がない。

注文したRcショップに電話したところ、電源コネクターのみの部品販売が

ないとのこと。

 

電源コネクターが付いているアンプごと買わなければならないので非常に

効果になってしまうらしい。

 

たぶんコネクターは200円くらいのものだろうか、アンプになると○が

ひとつ増えて2000-3000円?いやもっとするかもしれない。

さすがにそんなに高いものは買えない、、。

 

なんでも狸小路の梅沢無線に行けばあるかもしれないのだ。

しかし、最近札幌の中心部特に大通りや狸小路周辺は本当に出歩か

なくなったので行くのが非常にメンドクサイ。

駐車場代がかかるのも、もったいない気がする。

 

故障中のドローンは、もう風が強いので外では飛ばせられない。

しかし、駐車場代を掛けてもアンプの部品代よりは安く済む。

機会を見て、梅沢無線まで行ってみるか。

 

札幌にの降り積もった雪は22cm!

「ウイース!」
昨日、札幌にの降り積もった雪は22cm!だとか。
NHKの昼のニュースの全国版で放送されていた。

f:id:carokun:20161107164936j:plain

実に20年振りとか?20年前ってオヤジがまだ独身でブイブイ

行っていた頃のことかな。

バブルが収まった頃で、TRFとか小室ファミリー全盛時代だ。

 

まぁ、そんなことはどうでもいいいのだが、その頃は除雪とは

無縁の生活を送っていたからハッキリ覚えていない。

f:id:carokun:20161107164958j:plain

最近の札幌は、1か月先の天気や温度。そうちょうど12月頃なのだ。

このまま、寒くなり冬に突入にはならないのだろう。


そうなってしまうと、まだ家庭菜園の畑起こしもしていないので困ってしまう。

冬になる前にやっておかないと、来春に畑起こしするときに土が固くて

大変なのだ。

 

寒暖があって冬にだんだんなって行くのから、来週くらいは
畑起こしに今季最後の洗車ぐらいできるだろう。

札幌ファクトリーの巨大なクリスマスツリー

「ウイース!」
今朝も早朝から雪模様の札幌。
降りかたが、もう真冬の降りかたで家の前の国道は除雪車が

出動してもおかしくないくらい降り積もっている。

 

約12cmくらいだろうか、もう11時近くなるのにまだ降って

いて道路は圧雪・アイスバーンの完全冬道なのだ。

夏タイヤの走行は全く不能になっている。

 

11月の上旬頃がだいたい初雪でいくらか積もるのだが、真冬なみ

の圧雪・アイスバーンにまでなってしまうのはそうないことだ。

ここ10年くらいは、なかった気がする。

 

4-5年に一回は、大雪の年があるのだがどうやら今年がそうなのだろうか?

昨年もその前の年も降雪量はそれほどでもなかった。その前の年は根雪が

早く雪の量も多かった記憶がある。

 

まぁ、暑い時は暑く、寒い時は寒くないと世の中の景気が悪いので

早い雪もいいのかもしれない。

 

・・・・・

 

オヤジが住んでるマンションの1階ホールにはクリスマスツリーがもう飾られている。

月刊誌は、もう12月号が発売になっている。

年末の慌ただしさが今年も訪れるようだ。

f:id:carokun:20161106105452j:plain

札幌ファクトリーにもなんと15mもの巨大なクリスマスツリーが飾られている。

1時間ごとに光と音楽のショーが約5分間行われるのだ。

これは一見の価値がある。

デートコースにお勧めだ。

点灯時間は、16-22時。

まぁ、日が暮れたらきれいなクリスマスツリーが鑑賞できるのだな。

オヤジはすぐどっかへいってしまうのだが、、。

「ウイース!」
昨日は、冷え込んだために橋などはつるつるに凍っていた。
会社の現場用キャブや4tダンプはまだ夏タイヤなので、そろそろと

20-30kmの超低速で安全運転。

 

まぁ、朝方のみ我慢すればいいのでなんとか事なきを得た。

しかし、今朝は明け方から降り始めた雪で、積雪してきた札幌。
とても夏タイヤでは走行できないほど積もって来たために、

全現場中止がすぐに決定!

 

今日は8時から夜12時までのハードな現場を予定されていたが、

朝そうそうに中止が決定して拍子抜けしてしまった。

 

会社のほうも今日は昼から休みになって、過酷な労働から

楽ちんな一日に変わってしまった。

 

オヤジとしては、雨でも降って中止でノンビリしたいなーなんて

思っていたから超ラッキーな日に変わったのだ。

たまに休みがないと疲れ切ってしまう。

 

昔、「24時間戦えますか!? ビジネスマンーービジネスマンーー

ジャパニーズビジネスマン!」

 

なんてあったが今どきそんなに働いたら過労死してしまうので、

1日12-13時間くらいにしておかないとマジでやばいと思うオヤジなのだ。

 

まぁ、会社は自分が病気にってなっても面倒を見てくれないし嫁になって

子供を産んでくれるわけでもない。

飯代を稼ぐところと割り切るべきなのだろう。

 

だから、ほどほどのところで仕事なんか終わらせるべきなのだ。

まぁ、そのせいかオヤジはすぐどっかへいってしまうのだが、、。

 

トヨタが来春発売するSUVのC-HR。

「ウイース!」
昨日は文化の日の祝日なので、世間は休み。

しかし、オヤジの働く土木業界は年末までくそ忙しい時期なのだ。

よって休みはない。まぁ、仕方ないことだ。それでも年がら年中クソ忙しい

わけではない。

 

春先の4月や5月は割と暇になっている。

まぁ、忙しく仕事があるうちが華なのだろう。

 

・・・・・

 

トヨタが来春発売するSUVのC-HR。

なんだか商売敵のホンダ風の車名。

現在は、予約受付中なのだが予約が殺到していて発売前の今から大ヒット

の予兆が見られているのだ!。

f:id:carokun:20161104230344j:plain

予約受付中くらいなのだから販売店にはカタログが、きっと用意されている

のだろう。

 

いくらいい車でも参考資料がなくては購入するか決められないと思う。

確か?家の近くのネッツトヨタでCーHRののぼりを出していたよなー気がする。

f:id:carokun:20161104230409j:plain

車のカタログ収集マニアとしては、欲しいので今度もらいに行ってみようと思っている。

雪をかく能力が半端なく力強い!

「ウイース!」
先日に冬タイヤに変えた現場車の冬ワイパーを買いに、オートバックスに行く

と平日のお昼時なのに駐車場はほぼ満車。

 

店内も、今日が平日の昼食時間?と思うくらいの驚きの混みかたで正直驚いた!

まさに「あぁーっつと驚くタメ五郎!!」byクレージキャッツなのである。

f:id:carokun:20161103192527j:plain

まぁ、冬タイヤや冬ワイパーに交換するのも一回積雪してからと思っている

ドライバーが多いのだろう。

 

例年に比べて半月以上もはやい積雪なのだからしかたないだろう。

それにしても、随分この時期にしては寒い日が続く。

 

なんとなく、もう少ししたらバカみたく暖かかくなるような気がして

ならないのだが、、、。

f:id:carokun:20161103192557j:plain

現場車はスズキ・アルトでもう12年くらい前のモデルなのだが、全ワイパー

3本を購入すると一番安いものを選んで約5500円になった。

 

運転席のワイパーが約2000円なので5ナンバー用とそう変わらない値段の

ような気がする。

リヤワイパーが約1300円なのが唯一、軽自動車なので安いのかなーと

思うレベル。

 

北海道で普通に売られてるゴツイ冬ワイパーだが、本州方面の積雪地帯で

ないところでは売られていない。

雪の積もる山梨県でも売られていなくて驚いたことがある。

 

冬ワイパーは雪用なので、タフに作られているのだ。

雪をかく能力が半端なく力強いのである。